終活辞典123

掲載の経緯

『終活辞典123』は下野新聞(本部:栃木県宇都宮市・発行部数 35 万部)に、2017 年 1 月から 12 月にかけて、毎週木曜日、50 回にわたって連載された、終活に関する記事です。執筆者は NPO 法人ら・し・さ理事長の若色信悟氏(宇都宮市出身)、同理事の廣木智代氏(宇都宮市在住)、弁護士で終活アドバイザーの関口久美子氏(宇都宮市在住)の 3 名です。ここに下野新聞社のご厚意により、終活アドバイザー協会の会員限定で提供することになりました。下記の注意点を順守してご利用ください。

注意点本記事の著作権は下野新聞社と著者にあります。次の点にご注意ください。

※本記事を個人で利用することは問題ありませんが、複製してセミナーなどで利用・配布することは著作権の侵害になります。

※また、記事内容をそのままレジュメやブログ・ホームページ上に掲載することも著作権の侵害となります。一般的な内容を自分なりの言葉で表現し、お使いになるには問題ありません。

※タイトル「民法改正等に伴う内容、注意点」をクリックすると、民法改正等で一部内容が現状に合わない記事について、新制度にそった説明がありますのでご確認ください。