お知らせ情報詳細

  • 2021

    12/23(木)

    年金の繰上げと繰下げが改正されると聞きましたが?

いずれも、2022年4月1日から改正されます。
年金の繰上げは、2022年4月1日以降に60歳になる1962年4月2日以降生まれの人に適用され、1ヵ月当たりの減額率が0.4%となりますので、最大の減額率は24%に緩和されます。
一方、年金の繰下げは、2022年4月1日以降に70歳になる人(原則として1952年4月2日以降生まれの人)に適用されます。改正後は、年金額が増額される繰下げ開始年齢が、75歳まで延長されます。1ヵ月当たりの増額率0.7%は変わりませんが、待機期間が長くなりますので最大の増額率は84%になります。
なお、年金を受け取らないで繰下げの待機中に亡くなった場合の取り扱いが、5年間という過去分の年金請求の時効との関係で複雑になりますので、繰下げをお考えの方は慎重に判断しましょう。

03-6264-4655

平日10時~12時 13時~16時